専業主婦がお金を借りるパターン

専業主婦がお金を借りるパターンは二つあります

専業主婦がお金を借りるパターンは二つあります。配偶者の同意を得てお金を借りるパターンと、配偶者の同意を得ないでこっそりお金を借りるパターンです。 配偶者の同意を得てお金を借りる場合は簡単です。銀行やローン会社および消費者金融で配偶者の収入を提出して、通常通りお金を借ります。 問題は、配偶者の同意を得ないで借りる場合です。

配偶者の同意を得ないでお金を借りるには

こちらは非常に難しいのですが、銀行のカードローンなどでしたら配偶者の許可は必要ありません。消費者金融の場合は原則収入のある方のみの貸付になりますので、難しいかもしれません。違反スレスレの裏技を使えばなんとかなるかもしれませんが、あまりおススメはできません。

ただし、少額融資となる

専業主婦の借り入れは、正攻法で行くと銀行のカードローンが主流となります。ただし、無収入になりますので少額の融資である小口融資に限定されてしまいます。大きな額を借りたい場合は配偶者に相談の上、配偶者の年収と共に申請を行ってください。

主婦はどんな銀行系カードローンが使えるか

たとえばみずほ銀行などもフリーローンをやっていますので、申し込みをしてみてください。新生銀行のレディースレイクなどは女子向けのキャッシングです。そして安定した収入があればパート主婦でも申し込むことができますので、年収100万円程度の方でもご検討いただけます。

このページの先頭へ