国からお金を借りたい方

国からもお金が借りられる

お金を貸してくれるところというと、銀行や消費者金融を思い浮かべるかもしれません。ですが国からもお金を借りることができるのです。日本政策金融公庫は、私的な組織ですが国が100%出資の政策金融機関です。そちらから事業資金や教育ローン、災害復興資金等を借りることができます。

必要な書類

事業資金を借りる場合は、印鑑証明、過去3年分の決算書、連帯保証人の印鑑証明書、申込書等が必要です。 教育ローンの場合は、印鑑証明、届出書(申込書)、入学が確定したことを証明する書類(入学許可証など)等が必要になります。学校の内部進学であっても教育ローンを借りたい場合は入学証明書を取得して下さい。

金利は安く、長期返済が可能

担保なしでも1.2%からの金利で借りることができます。銀行のローンと違って10年単位の長期の返済が可能ですので、長期的な視野にたった資金運用をすることができます。低金利で固定金利、なおかつ長期返済が可能な、理想的な金融機関だといえるでしょう。

税金を滞納していると審査に通らない

一説で言われているのが、税金の滞納があると審査に通らないということです。国に収めるべきものを納めていない状況では、借りるものも借りられないのです。また、税金を滞納しているような経済状態では、返済をスムーズに行えないリスクがあると判断されても仕方ありません。国からお金を借りる場合は、税金の滞納などは綺麗に清算しておきましょう。

このページの先頭へ