銀行からお金を借りる手段

銀行からお金を借りるのに必要なもの

銀行からお金を借りるのは結構大変です。事業をやっているならば決算書が必要です。しかも過去3年分を要求されることも多いです。内容も何でもいいわけではなく、3期連続黒字である必要があります。銀行はこちらの経営状態を見て、融資の可否を判断するのです。また審査も大変厳しく、信用が必要です。

銀行の審査は何をするのか

銀行でお金を借りる審査は、主に二つのところを見ています。返済能力と、貸したお金を何に使うかです。返済能力は文字通り、月々の返済が正しく行われるかどうかを見ます。それは過去の決算書等で正しく返済が行われているか、返済にまわす資金的余裕があるか等をチェックしているのです。 あと審査されるのは、貸したお金の使い道です。事業資金で借りる場合、遊びに使うようでは貸してもらえません。用途が正しく事業に叶っているかなどの適正を審査されます。フリーローンの場合は使い道は問われません。

銀行で借りる場合は保証人が要求される?

銀行でお金を借りる際に必要なのは連帯保証人です。こちらは身内でも構いませんし、事業で法人がお金を借りる場合は社長自身が連帯保証人になっても構いません。たいていの事業では社長が連帯保証人になっています。

返済が滞ると連帯保証人に債務が移る?

借り手が返済を滞ると、容赦なく連帯保証人に債務が移ります。ですので安易に他人の連帯保証人にならないようにしましょう。こちらは債務を逃れる方法はありません。最悪の場合は自己破産になりますので、慎重に行いましょう。

このページの先頭へ