学生がお金を借りる手段

学生がお金を借りるのは思った以上に難しい

学生は収入がない場合がほとんどですので、お金を借りたいと思っても借りることはなかなか難しいのです。そんなとき、お金を借りようと思ったらまずは定期収入を作る必要があります。なんでも構いませんのでまずはアルバイトを始めてみましょう。それを続けて定期的な収入を確保する必要があります。

20歳以上の制限

学生がお金を借りる場合には、20歳以上という条件があります。未成年の場合にはお金を借りることはできませんので気をつけてください。定期的な収入があって20歳以上の場合には、学生向けのカードローンなどでお金を借りることができます。

ただし、詐称は良くない

学生がお金を借りるに当たって気をつけてほしいことは、例えば週3日のアルバイトを週5日と申請したり、月8万のアルバイトを10万と申告したりなど、収入を多めに申告することです。多く申請することで大きな枠でお金を借りることができるようになりますが、これは危険です。嘘を申告していることになりますし、何より自分のためになりません。無理な返済計画を立てることになりますので、危険です。必ず自分の現実の収入に沿った借り入れと返済計画を立てましょう。

安易な返済の遅延は将来的に損をする

学生時代のローンで陥りやすいことは、安易に返済を滞納してしまうことです。そのせいでブラックリストに載ってしまった場合、将来的に家や車を買う場合にローンが組めないという事態に陥ります。学生であっても返済は確実に行いましょう。

このページの先頭へ