イメージ画像

急いでお金を借りたい方へ。急な対応が可能な金融会社の一覧です。安心してネットからPC、スマホから24時間、年中無休で申し込めます。

お金を借りる方法はいろいろある

生活に困ったり、事業資金を調達したりしたい場合、さまざまな方法があります。お金を借りる先もいろいろあるのですが、ここでは借り手ごと、方法ごとに見ていきましょう。

民間で借りる方法 その1 銀行でお金を借りる

お金を借りたいと思ったとき、まずは銀行に相談するのが筋です。銀行では個人の返済能力を厳しく見ますので、さまざまな書類が必要になります。個人の場合は収入証明、法人の場合は決算書など。そして保証人などもつけて確実に返せる算段をつけてから、融資という形になります。銀行での貸付はとても高額のお金を借りることができます。

民間で借りる方法 その2 消費者金融でお金を借りる

銀行でお金を借りるには信用力が足りない場合、手軽に高額を借りられるのが消費者金融です。こちらは銀行に比べて借り入れ時のハードルが低く簡単にお金を借りることができます。ですが、銀行に比べて高金利で、返済に苦労する人も多いです。

公的機関で借りる方法 その1 国にお金を借りる

民間企業でお金を借りる以外にも借りる方法があります。それは公的機関からの借り入れです。国もお金を貸してくれる場合があるのです。それが国民政策金融公庫です。公庫の特徴は低金利で長期間の返済が組めることです。銀行よりも借りやすいため、借り手は長期的な返済計画を立てて、計画的に事業を営むことができます。 また個人でも借りることができ、お子さんの教育ローンにも利用できます。こちらも低金利で借りることができます。

公的機関で借りる方法 その2 役所にお金を借りる

もうひとつ公的機関でお金を借りる方法があります。それが社会福祉協議会です。こちらはだいたい市町村の保健センターなどに併設されており、生活保護の課と接近していることも多いです。福祉的な役割を持った貸付組織で、低金利あるいは無金利でお金を貸してくれます。こちらは民間のブラックリストとは連動していませんので、ブラックリストに載っていて他では借りられないという人にもおススメです。 また、失業した人にも大変おススメで、当面の生活費やアパートの敷金礼金なども貸してもらえます。不動産を担保にした資金などもあり、一般の銀行と変わらないバラエティにとんだ貸付メニューを誇っています。あまり知られていませんが、社会福祉協議会の貸付は非常におススメです。

個人で借りる

個人間でもクレジットカードを使ってお金を貸し借りすることができます。例えばスクエアというスマートフォンでのクレジットカード決済のリーダーを使うと、その場でクレジットカードの決済が可能です。これを利用して、個人間でお金の貸し借りをしてあとで返済するという方法もあります。スクエアはもともとクレジットカード清算ができない個人商店などが、スマホでのカード決済を可能にするためのアイテムですが、こういった使い方をしてお金を友人等から借りることもできます。

質屋で借りる

高額な品物を持っている場合、質屋で即日で現金を借りることができます。質屋はブラックリスト等は関係なく、誰でもどんな人でも借りることができます。無職であっても収入が少なくても関係ありません。審査もありません。ただ質草と呼ばれる品物を、質屋に入れればいいのです。ただし若干高金利です。これは質草の管理費がかかるために、例外的に高金利が認められているのです。

株式を発行してお金を借りる

事業を行っている場合には、株式を発行することでお金を借りることができます。株式会社はこの、株主からの資金調達で運営資金を調達します。発行する際の株式の額面は自由に決めることができます。多すぎると融資を受けにくくなり、小額過ぎるとその後株式を増資する際に安く発行できなくなるリスクがあります。 事業が軌道に乗って株式市場でIPOを行えば、莫大なお金を借りることができます。この場合、お金を借りる相手は株主ですが、資金調達は株式市場から行うことになります。 株式は自由に発行でき、審査等もありませんので、極端な話ブラックリストに載っている人でも、事業を起こす才覚さえあれば資金調達が可能です。

クラウドファンディングでお金を借りる

最近できてきた新しい資金調達の方法が、クラウドファンディングです。 こちらは株式での資金調達と似ていますが、より少額です。よりたくさんの人に事業理念を理解してもらって、少額の資金を大量に得ることによって、ある程度のお金を借りることができる仕組みです。こちらは何もビジネスだけに用途は限られておらず、アーティストの支援や映画、発明の開発、困窮した個人への貸付など、さまざまな用途で利用可能です。 こちらも個人の融資歴の審査や、こげつき具合、収入状況などの審査は必要ありません。ただし主にインターネット上で拡散され、多くの人たちから資金を集めるという仕組み上、共感されやすいプロジェクトである必要があります。収益性がなくとも公共性が高いとか、とても感動するとか、そいういった個人が寄付するに値すると思えるテーマでないと、資金を集めるのは難しいかもしれません。 クラウドファンディングは新しくできたシステムであり、まだまだ発展途上です。日本でもごく一部の人たちにしか利用されていません。今後はさらに世間的な認知度が増し、日本でもごく当たり前にお金を借りる方法として、クラウドファンディングが浸透してくるかもしれません。要チェックです。

さまざまなお金を借りる方法があった

さて、いろいろなお金を借りる方法について見て来ました。一般的なものからマイナーなものまで、お金を借りる方法はたくさんあります。お金は経済に欠かせないものですので、借りる方法はたくさんあります。ひとつがダメだったからといって諦めず、複数のお金を借りる方法を試してみてください。

上記で紹介したお金を借りる方法について参考にさせていただいたサイトは以下です。

このページの先頭へ